雑木の庭,造園のことなら高田造園設計事務所へ
HOME>雑木の庭つくり日記

雑木の庭つくり日記

埼玉県飯能市の庭、竣工  2018年4月13日
 

 新緑まぶしいこの時期、あらゆる命にとって一年の中でも最も希望に満ち溢れる時期ではないでしょうか。
 この時期を新学期、新年度のスタートとしてきた日本人の感性に、心地よい親しみを感じます。
 さて、この一週間、泊まり込みでの集中施工で庭が完成し、また一つ、これから育まれる風景が生まれました。

 入間川の畔、背面の崖線の木々が借景となって繋がってゆく、そんな風景を意識しました。






 この庭の正面に、地元の憩いの場であると同時に週末にはたくさんの観光客でにぎわう飯能河原のゆったりした景が広がります。
 庭の背景として絶好のロケーションであると同時に、この庭が飯能河原の一角の風景として、訪れる人たちにとっても、さりげなく、飯能河原の心地よい印象を深めてもらえる、そんな庭を心がけました。



家屋側、玄関付近からの景。飯能河原周辺の森とつながってゆく、そんな植栽と空間配置です。






 この住まいのデッキからの眺めを構成する、その中で改めて、風景はせせこましい人間の所有を超えてつながっているという、ごく当たり前のことに気づかされます。
 風景ではなく、環境のつながりというのが本来なのでしょう。

庭を想うことで、生きとし生けるすべてのいのちのつながりに想いを抱く、そんなきっかけになる庭つくりができれば、そんな気持ちになります。



 こじんまりとした平屋、この場所にはこのスケールがたまらぬほどにしっくりと収まります。
 これが二階家屋であれば、背面段丘崖の木々とのつながりがぷっつりと途絶えてしまうのです。





 庭の木々越しの家屋風景。植えたばかりの木々も、植えられた直後からその土地の風景に何の違和感もなく溶け込む、そんな植栽の在り方が、数十年の風景を育むものと信じます。



 道路から見た庭の全景。
単純で一見何もない、シンプル極まりない空間ですが、周辺の景に違和感なく収まり、そしてこの地の風情をさらに高めてゆく、それが私立ちの目指す庭の極意かもしれません。



 
 庭の木々と背面段丘の木々。






 シンプルでいい。その土地の風景として、人間だけでなく、あらゆる命にとって心地よく愛される庭、そんな空間を作っていければ、造園という仕事は本当に今の時代にかけがえのない価値を発揮することでしょう。
 
 お施主のIさん、施工まで長らくお待ちいただきありがとうございました。

また、今もなお、お待ちくださっているお客様、一つ一つ心込めて作ってまいりますので、今後ともどうかよろしくお願いいたします。



投稿者 株式会社高田造園設計事務所 | PermaLink
取手の庭の竣工と、ダーチャ畑の植え付け 平成30年3月16日  
 

 時の流れは待ったなしの速さで、つい最近、寒が明けて旧正月を迎えたかと思ったら、もうすでに春分を迎える頃となりました。
 高田造園も西に東に奔走する中、最近の日常を少し紹介したいと思います。

 まずは数日前に竣工した、茨城県取手市の屋外環境を少しばかり紹介します。

 ここは数年前の河川氾濫の記憶新しい小貝川流域、県のハザードマップ浸水想定地域に接する土地です。
 建築工事に伴う盛土、造成によって土地の通気浸透環境はますます荒廃し、土壌環境は悪化し、敷地にはあちこち水たまりができては長く解消せず、またもともとあった木々も枯れたり弱ったり、そんな状況の改善からスタートしました。

 完成後の今、庭も駐車場も雨水はすべて円滑に浸透して土中を潤す、そんないのちの循環が再生されました。



これが駐車場と主庭、施工前の状態です。



施工後。
駐車場から主庭に、菜園側には木々の間を抜けて伝います。



主庭、菜園脇の木々の合間のベンチ




 雑木林に面した中庭側は、雨落ちの浸透処理と窓際の近景植栽といった、ごく控えめな造作にとどめて、心地よい多目的スペースとして残します。



主庭の施工前。



主庭施工後、南庭デッキ前。
 ここでは、玄関前以外はすべて雨どいを設けることなく、屋根の水は雨落ちの溝に浸透し、土中の菌類微生物活動によって大地のエネルギーに還元されて潤してゆく、そしてこの土地の土壌環境は日に日に豊かに育ってゆきます。



 表土の通気浸透改善施工中。

雨落ち部分だけでなく、樹木植栽マウンドを中心に、ネットワーク状に横溝浸透ラインを掘っていきます。
 ここは炭と枝葉を絡ませて、発生する菌糸の働きによって植栽樹木の根系もまたネットワークのように広く深く張り巡らせて、表土の状態を豊かに快適に育ててゆくのです。



 道路に面した東側は、家際の植栽と外周植栽、そしてその間の園路を連続させていきます。



 あとひと月もすれば木々は芽吹き、清らかな新緑の光に家屋は包み込まれることでしょう。
 生まれたての庭、これから月日とともに、環境、人、共に豊かに育ってゆく、竣工したての住まいの環境に、そんな想いを込めます。



 さて、3月となると、ダーチャフィールド自給菜園の植え付け作業も始まります。
 ひと工事を終えてほっと一息つく一時に、こうした楽しい作業を進めます。



 この日はジャガイモの種芋のほか、春大根に小松菜を植えます。



植え付け後、複合発酵バイオ資材ともみ殻燻炭を、表層に重ねてまぶしていきます。



その上に、稲わらによって表層を保護していきます。適度な蒸発調整と、菌類微生物による表土の改善効果の高さゆえに、稲わらはマルチ素材として他に代えることのできない価値があります。



 稲わらマルチ後、麻ひもを張ってわらの飛散を止めていきます。



 黒いラインは灌水チューブです。このチューブで、当社で培養している複合発酵酵素水をじわじわと大地に浸み込ませていきます。
 浸み込んで大地のエネルギーと化してゆく水の動きを見ていると、それだけでうれしく豊かな心持になります。

 今回、わずか30坪足らずの畑植え付けに、5人で半日かけて丁寧に行います。収穫を経済ベースで販売すれば当然、この日の日当すら出ません。
 そこが、これからの農への向かい方を問い直す機会となるように感じます。

 このダーチャフィールドの菜園面積は合計約50坪、収穫を市場価格のお金に換算すれば、それこそ採算など全く及ばないものですが、自給的な暮らしのために、この畑を循環させてうまく使えば、たったこれだけで一家庭でつつましやかに消費する野菜根菜のほとんどが自給できる、セーフティーネットになるのです。

 かつての暮らしにおいて、世界中の人が、そんな豊かな餌場を大地に保ち育ててきた、そんな営みの積み重ねの上に今があります。
 その大地の豊かさを、一時の経済の犠牲にせずに後世に伝えてゆく、その鍵は、こうした半自給的な楽しみと、そこで育まれる確かな感覚の中にこそ、あるような気がしてなりません。

投稿者 株式会社高田造園設計事務所 | PermaLink
新年、最初の庭竣工「野鳥の集う庭」 2018年1月31日
 
 今年も早、立春を迎えとしています。
 今年が平和と希望の年になりますように、祈りを込めて。



 今年最初の造園環境改善工事、千葉市若葉区の新興住宅地の庭が先日竣工しました。

 この住宅造成地は、私の地元、森を切り払い、畑をつぶし、重機で平らに造成し、幾世代にも続く故郷の原風景も、生き物の生育環境も大規模に潰して、造成されました。
 
 心のふるさと、地元の森や畑が大きな機械力ではぎとられるように造成の始まった、数年前のやるせない気持ち、今も浮かびます。

 それまであった森や畑、古い家、すべてをはぎとり平らにして立ち並ぶ新たな家屋、そこに住居を構えられたOさんに、庭つくりの依頼をいただいたのです。

 野鳥の写真を撮り続けてきたOさん、建築前の打ち合わせの際に私に言いました。

「たくさんの野鳥が訪れ、住み着き、森に行かなくてもここで野鳥観察ができる、そんな庭にして欲しい」

というものでした。



昨年の9月に始まった工事は2期に分けて行いました。大規模に地形を壊して行う最近の住宅開発地の多くは、風を緩和してくれる樹林もなく、強風の砂漠のような無機質な、そんな暮らしの場に変貌します。

 ここに自然環境を再生する意味を考えます。
 過去永劫に育てられてきたいのちの環境を現代一時の間にすべてを奪い取って顧みない、それが現代のわれわれ人間のやっている所業。

 しかし、そこに心あるお施主が居て、そして、庭を野鳥が集う森にしたいと要望されたとき、
 「ああ、この砂漠のような住宅地に一点でも、生きた土地、森が育つ環境を再生していけば、やがてそこが点々と森をつなげていって、街の環境再生の起点になって行くかもしれない。」
 そんな希望が胸によぎり、そしてこの庭環境再生に取り組みました。



 畑と林だったつい10年前、この辺りの森にふつうにあった木々を組み合わせて一群落を構成して、広大な住宅地にわずか一か所の植え込みが、街の見え方を大きく変えていきます。



 一期工事にて、玄関前の植栽、アプローチ、浸透する駐車スペースの施工を終え、そして今年になって二期工事にかかり、先週完了したのです。



 庭の中央には枯掘りのような溝を巡らせて、そこが傷んだ大地の呼吸再生の要になります。

 枯れ流れのような日本庭園における造形造作も、本来はその場の環境を息づかせていのちの環境をより豊かに育むための環境装置という面が必ずありました。
 失われた先人の智慧、環境を保つ技を、庭の中で未来の人たちに繋いでゆく役目、現代の造園の中で、それを担わなければいけません。

 野鳥が集う庭、それは、単に特定の野鳥が好む実を植えたり巣箱や水場をつければよいというものでは決してありません。
 土の中の世界を含めてたくさんのいのちの循環がことのできる、豊かな環境を取り戻し、そしてその優しく温かな木の流れの中で、小鳥たちもここで安らげ、いのちの気配に安心するような、そんな環境にしてゆくこと、そこが大切なことと思います。



 小鳥が憩う水場は、浅い水盤を用います。
この水盤の下の土の中に大きな空洞を設け、土中の空気と水を動かしてゆく拠点になります。
 見える造作よりも、土の中の見えない部分の造作に、より多くの配慮を注ぐことで、いのちの気配溢れる心地よい環境が醸成されていきます。

 お施主のOさんは、庭にルリビタキを呼ぶのが望みです。
ルリビタキはなかなか街の中の庭には訪れませんが、おそらく、何年かすれば、きっとこの庭にルリビタキも来てくれることでしょう。
 小鳥たちのための庭、この庭がそうなるように、今後も管理育成していきます。



玄関前の石畳。この周辺の植栽も含めて、昨年秋の竣工です。すでにしっとりと、土壌が育っていることが様々感じられます。
 造成され、むき出しの赤土だった、痛々しい環境に、丁寧に向き合うことで再び、森の木霊たちが戻ってくる、そんな実感。



 植え込みの土壌保護のためのウッドチップマルチも、呼吸する土の上で絡み合い、飛散することなく落ち着き、そしてそこに菌糸のネットワークが張り巡らせます。
 この菌糸が様々ないのちを繋ぎ、生と死を繋ぎ、大地のいのちの連携をつくり、そして環境をゆっくりと豊かに育ててゆくのです。

 植栽仕上げ後、わずか二か月で、こうした状態に至る、そのために、我々は土の中の環境再生に力を注ぐのです。



 2か月前に植えた樹木の根を彫り上げてみると、すでにびっしりと粘菌、変形菌がまるで血管のように大地のネットワークと木々の根をつなげようと、活発に動いていることが分かります。
 これを確認してはじめて、私たちの造園施工は完了です。

 木々も人も、動物、小鳥たち虫たち、菌類微生物、あらゆる命が平和に共存する世界、そんな理想を庭に込めるのです。

 この庭は、これから生き生きと育ってゆくことでしょう。
お施主のOさん、長らくありがとうございました。
 また、お待たせしておりますお客様、心機一転、今年はこれまでにましてさらに良い空間を提供してまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

 皆様、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





投稿者 株式会社高田造園設計事務所 | PermaLink
千葉県柏市 小さな植え込みスペースの環境つくり 平成29年7月31日
 
 お久しぶりです。高田です。またまたブログの間隔がたいへん長らく空いてしまいました。
 この間、数件の造園・環境改善工事を進めてまいりましたが、小さな植え込みの植栽・住環境改善工事が本日終了しましたので、ご報告いたします。



 千葉県柏市、今の住宅ではよくある、ほんのわずかな植栽スペースのほかはすべてコンクリートとタイルで覆われた、住まいです。
 そんな町中の住まいの敷地環境においても、わずかな土のスペースをきちんと息づかせて植栽し、効果的に自然環境を戻してゆくことで、快適な住まいの環境を育ててゆくことはどんな場合でもできるのです。


 
 施工前。道路からの目線を遮るものなく、無機質な家屋を潤すものもない、そんなよくある今の家屋の外観でした。



 植栽後。窓配置に応じて配植し、植栽群をつなげてゆくことで開放感を損なわずに外観を潤していきます。



 施工前。見た通り、植栽可能なスペース幅はわずか数十センチ足らずです。



 施工後。
そのわずかなスペースでも、植栽直後から住まいの快適性はがらりと改善されるものです。



植栽と窓配置。
決してすべてを木々草木で埋め潰さず、きちんと草木が多種共存して喧嘩せずに育ち合うことができる、そんな立体空間構成に配慮して植栽します。



玄関前植え込みスペース施工前。
コンクリートに囲まれ、水と空気の循環が閉ざされたスペースにおいて、この場なりの土中の空気と水の循環を再生していかねばなりません。





 施工後。土中環境が息を吹き替えすことで植物も虫たちも生き生きと、そこでの営みを再び始めるようです。



 施工前。



施工後。手前の竹筒が、このスペースにおける土壌環境醸成の要となります。
 こうした通気浸透孔をこのわずかな植え込みに十か所以上、適所に設けて、土中環境循環を促すことで、ここの生態系が育っていくのです。



 そして表土は必ず、落ち葉などの腐植等によって覆います。
 表層微生物環境の保護のためです。
 このグランドマルチは、表土の呼吸をきちんと再生させたうえで行うことで絡み合い、風にも飛散しにくくなります。
 都会の公園や学校のグランドのような呼吸しない大地にそのまま腐植やウッドチップを撒いてもすぐに飛散してしまいますが、こうした表土の呼吸を改善して行う、自律的に改善されてゆく環境を育てようと思えば、この手順と造作の組み合わせが必ず必要です。



 さらに、微生物環境再生させて、土中における健全ないのちの連携を取り戻すため、当社培養の複合発酵酵素水を水脈上の要や表層土壌を中心に、浸み込ませていきます。

 環境の健全性はすべて、無限に存在する菌類微生物環境の健全性によって保たれるもので、私たちはそのことをもっと知る必要があります。

 今、ヒアリを退治するために、たくさんの殺虫剤がホームセンターの棚を埋め尽くしておりますが、こうした、不都合なものをケミカルに消し去れば問題は解決する、そんな向き合い方は断じて間違っている、そのことは声を大にして伝えたい、生の環境と日々向き合う中でそういう衝動が沸き起こります。

 無限のいのちの連携の中でこそ、様々なものが浄化されて本来の大循環、エコロジーサイクルに戻ってゆき、多種共存の豊かで健康な環境が保たれるというのが本来目指すべき健全な姿と言えるでしょう。
 それを、人間がそのバランスを大きく損なっているそのことに目を向けることなく、人にとって不都合なたったわずかな種類のいのちを排除するために、たくさんのいのちを傷つけてしまう、その果てにはますます生態系の自浄作用もバランスも崩壊し、そこで発生する生物環境はますます危険で不快なものとなってしまう、そのことにきちんと目を向けねばなりません。

 健全な環境、その基になるいのちの健全なリレーと複合的な循環、大地に降り注ぐ無限のいのちのエネルギーをきちんと受け取り、循環の中でいのちは永遠に輝き、個々種別の生死を超えて、繋がっていきます。

 たったわずかなスペースでも、快適ないのちの環境を呼び戻し、想いを大地に込めることで、人の心や想念に響き、豊かで優しい、未来に続くことを願い夢見ます。










 
投稿者 株式会社高田造園設計事務所 | PermaLink
埋め立て造成跡地の植栽   平成27年6月16日
  お久しぶりです。高田造園設計事務所の高田です。
 前回のブログ更新から一か月が過ぎてしまいました。今日は、ただいま進行中の南房総の植栽工事の様子をご紹介いたします。


 
 アスファルト片や建設残土等の建設廃材によって埋め立てられて30年程経過した土地に家が建ち、そしてその植栽にかかりました。

 ガチガチの不毛な土地のまま、数十年が経過した、こんな場所でも、適切な改善を行うことで、木々はきちんと根付き成長し、そして植栽部分だけでなく土地全体の土質まで改善されてゆく、そんな環境改善植栽の作業工程をご紹介いたします。



 植栽するプロットごとに、下地造りからかかります。
 どこまで掘っても、決して根が進入できないようなガチガチに硬化した状態ですが、下地の外周に削岩機とツルハシで軽く溝を掘り、そして周囲数か所に縦穴を掘ります。
 この縦穴掘削も、削岩機を併用しながら掘り進まねばならず、相当な時間を要する作業となります。
 しかし、こうした地盤では、土中の空気の動きを溝や縦穴等の高低差を活かして動かすための、下地造作がその後の土中環境改善のために最も重要不可欠な造作となります。

 なにか、発掘された遺跡のようです。
 実際、古代遺跡における環濠跡や、住居外周の溝は基本的に、土壌の呼吸を促すことで快適で安全な住居環境を作ってきた名残なのです。



 下地に炭を敷いたのち、縦穴に割った竹筒を通して通気孔を造作します。
この後、縦穴横溝に剪定枝葉を絡ませていきます



 手入れのたびに、剪定枝葉はシートにくるんでストックし、そしてそれらを環境改善造作にて大切な有機物資材として使うのです。
 樹木枝葉が表土環境中で分解する過程で多種多様な微生物菌類が複合的に働き、それが土壌環境をせっせと改善してゆくのです。

 まさに、エントロピーがエコロジーに変わるのです。

 ゴミにしてしまえば厄介な汚染源にしかならないものでも、本来は上手に大地の循環の中に帰していけば、環境を息づかせてゆく力の源になる、それは大量廃棄される食品残渣や建築廃材も同じことですが、私たちは、そうしたものを、大地環境の再生資材としてすべて用い、決してゴミにはならないのです。
 そして、埋め立てられて数十年来の不毛な土地であろうが、木々を豊かに健康に育ち、いのちの循環がよみがえる環境へと再生することができるのです。

 大量消費、大量廃棄の時代の先には、大地も自然も、そして私たち人を含むあらゆる命も、力を失っていきます。見直さねばならない大切なことが、こうした環境改善造作から見えてくるような気がします。




下地の通気浸透環境改善後の植栽プロット。



 そして、その下地プロットの上に樹木を密植していきます。
こんな劣悪な土壌環境下では決して、穴を掘って根鉢を埋めるような植え方などしません。むしろ、現状の地盤よりも高めの下地地盤を作って、そこに根鉢を置いてゆくというイメージです。
 土中の空気と水、そして多種多様な菌類微生物が最も働きやすい環境をつくり、そこに根を置くことで、樹木は本来のたくましさを早期の取り戻すことができるのです。



 一か所の植栽プロットに、10本近い樹木を組み合わせて植えていきます。
この時、木々が共存する組み合わせのためには、それぞれ違う根系の性質を組み合わせて、土中にも根の伸長の階層構造をつくってゆくことが大切です。



そして埋め戻しの土には、単に良質な土をもってきて埋め戻すのではなく、必ず現地の掘削残土と炭燻炭、腐植に富んだ良土とを混ぜて用いるようにします。
 その土地の掘削残土がどんなに劣悪なものであっても、そこの土は土地の環境情報を有してますので、それを必ず用いるのです。
 土壌微生物、木々の根も、水も、土地の土壌環境情報を把握して、この土地を命豊かにしてゆけるようにシフトチェンジしてゆくのです。



 削岩機を用いて掘削したほどの砂漠のような土であっても、こうして組み合わせて攪拌、改良してゆくと、土地情報を含んだよい働きをするものへとすぐに変わってゆくのです。
 ここでも、捨てるものなど何もない、悪いものなど何もない、ということが感じられます。



 昨日現場のお手伝いに来てくれた中学三年生の女の子も、嬉々として作業してくれて、そして満面の笑顔を見せてくれます。
 一つ一つの作業工程によって、見る見るうちに環境が改善されてゆくことを体感する喜びは、大人にとっても子供にとっても変わらず、大きな喜びとなるのでしょう。



 庭の一角に建てた2坪の道具収納小屋も、古民家解体の際の廃材をふんだんに用いています。
 また、土地環境を傷めることのないよう、基礎を設けず焼いた松杭を打ち込み、それを土台としています。



植栽マウンドの仕上げは、表土の保護作業です。



 表土の保護材料には、発酵させた落ち葉とウッドチップ、炭燻炭を攪拌し、通気性がよく、森林表土の腐植のように多様な微生物活動が促されやすい状態を作るのです。



 表土をこうした素材で覆うことで、急激な乾燥によって土中深部からの毛細管の働きが途切れることなく、呼吸できる状態を保つのです。
 これで、呼吸する植栽マウンドの完成です。

 こうした、いのちの連携を活かした植栽改善によって、どんな環境においても灌水も必要なく、木々が健康に育っていき、そしてその土地が自ずと豊かに育ってくるのです。




 悪いとされる環境こそ、再生の喜びもやりがいもあります。というより、悪い環境など、本当はないのでしょう。たまたまその土地が本来の働きができないだけで、その苦しみの原因を取り除く一手を差し伸べていけば、どんな土地も必ず良くなるものなのです。
 そして、その後は自然本来の力で環境を再生していき、我々人間は極力それを見守って、あまり余計なことはしないのが一番なのかもしれません。

さて、この工事は今日で一期工事終了、来週からまた、別の工事が始まります。

 首を長くしてお待ちいただいているお客様、一つずつ心込めてこなしてまいりますので、どうかもうしばらくお待ちくださいませ。
 








投稿者 株式会社高田造園設計事務所 | PermaLink
1